創作

WEB小説

第6話 自分にできること

 翌日のことだった。  俺が目を覚ますと隣では多慈美がまだ眠っていた。どうやらまだ寝ているようだ。そんな多慈美を見ているとふと昨日のことが頭をよぎった。  昨日俺はゴブリンに全く歯が立たなかったのである。  一人で倒したのは不意打ちに...
WEB小説

第5話 アキツグの成長

 次の日の朝、朝食を取り終え支度を済ませると玄関へと向かった。  外ではすでに多慈美が待っていた。どうやら先に支度を終え俺のことを待っていたようだ。  昨日とは打って変わって上機嫌に見える彼女に声をかける。  しかし彼女は俺に気づくこ...
WEB小説

第4話 装備調達

 目が覚めると昨日に続いて、日は顔を出していなかった。  今日は多慈美がドアから飛び出てくることもなく、疲労感が残る感触はあるが気持ちの良い目覚めである。  昨日の夜はシャワーを浴びることもなく寝てしまい、着ている服が肌に纏わりつく感触...
WEB小説

第3話 アキツグ強化

 翌日、バン! と大きな音とともに部屋の扉が開け放たれる。  何事かと思い俺はベッドから起き上がると、 「さあアキツグ! 朝食を作るわよ!」  と勢いよく多慈美が入ってきた。 (朝っぱらから元気だなぁ)  寝ぼけ眼でそんなことを思...
WEB小説

第2話 ステータスオープン

 翌日、目を覚ますと見慣れない天井が目に入った。 「そうか……昨日からここに住んでいるんだったな……」  寝ぼけ眼をこすりながらベッドから降りるとカーテンを開ける。  窓の外では太陽が昇り始め、街を明るく照らし始めていた。  過...
WEB小説

第1話 追放と出会い

「――あんたなんかいらない」  全身を黒いローブに見を包み、顔まで隠された女性は、一人の痩せた男にそう告げた。 「そんな……どうして! 今まで一緒にやってきたじゃないか! 困っている人を笑顔にし、不毛の土地を緑豊かに変え、人々の為に最後...
タイトルとURLをコピーしました